織田文化歴史館 デジタル博物館

織田文化歴史館ホーム > 雨田光平記念館の第2回テーマ展示「館蔵品による現代陶芸展」の開催について

雨田光平記念館の第2回テーマ展示「館蔵品による現代陶芸展」の開催について

 
 今回のテーマは「現代陶芸」です。
 織田文化歴史館と雨田光平記念館の館蔵品や寄託品の中から、越前町にゆかりのある陶芸家の作品を集めました。

 木村盛和        北野七左衛門        吉田豊一作品  
 銅釉窯変結晶茶盌 木村盛和    伊羅保釉水指 北野七左衛門    遥か山嶺 吉田豊一
 (織田文化歴史館蔵)        (織田文化歴史館寄託・個人蔵)    (織田文化歴史館蔵)


 日本遺産にも選ばれた日本六古窯の一つ、越前焼の産地である越前町には伝統的な作品を作りながら、福井県美展をはじめ、日展や日本伝統工芸展など全国規模の公募展で活躍している陶芸家が多数おります。本展示では、このような陶芸家の伝統的な作品から現代工芸作品までを幅広く展示しています。

   ちらし
 ※ご来館の際には、新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力お願いいたします。
 ※新型コロナウイルス感染状況によっては、開催時期等が変更になることがあります。          



  展示期間

  令和2年9月5日(土曜日)から令和2年12月20日(日曜日)まで



 開館時間

  午前10時から午後5時まで

  入館できる時間は、午後4時30分までです。


 会期中の休館日

   毎週月曜日(9月21日・11月23日のぞく)・9月23日(水曜日)・11月4日(水曜日)・11月24日(火曜日) 


 観覧料

   一般 100円

   団体(一般の方が20人以上) 2割引

   共通券(文化歴史館も見学できます) 200円


   中学生以下70歳以上の方は、受付で年齢のわかるものをご提示の上、申し出ていただくと観覧料金が無料になります。



  お問い合わせ

  雨田光平記念館

   福井県丹生郡越前町織田153-1-3(織田文化歴史館となり)


  電話(0778)36―2666