現在の場所
トップ > くらし・手続き > 支援・相談 > 各種助成・支援 > 妊娠・出産 > 特定不妊治療助成制度について

特定不妊治療助成制度について

更新日:平成30年4月1日

ページID:P002396

印刷する

町では、医療保険が適用されない不妊治療を受けている方の経済的負担を軽くするため、治療費の助成をしています。

対象者

越前町に1年以上住所を有する法律上の夫婦であって、各種医療保険に加入し、町税を完納している人

対象となる治療

不妊治療のうち、体外受精及び顕微授精(夫婦以外の第三者が介入しないもの)とし、福井県知事が定める指定医療機関において受けた治療。
県内の指定医療機関とは、西ウィミンズクリニック、福井大学医学部附属病院産婦人科、本多レディースクリニックなどになります。 


※他の都道府県等が指定している医療機関についても、福井県の指定医療機関とみなしています。

助成額

(1) 助成の対象は治療に要した費用の2分の1以内の額とし、県又は他の医療費助成制度より既に助成を受け
た金額は、助成対象の治療費用から控除します。また、千円未満の端数は切り捨てます。
(2) 助成の金額は、1年度当たり50万円を限度とします。

申請方法

福井県特定不妊治療費助成を先に申請することを原則とします。 (福井県ホームページ
助成申請書に添付書類を添えて、治療が終了した年度内に子育て世代包括支援センターへ申請してください。

申請に必要な書類

(1) 助成申請書(様式ダウンロード)(様式は役場子育て世代包括支援センターにもあります。)
(2) 特定不妊治療指定医療機関受診等証明書(写し可) ※医療機関が発行するもの
(3) 特定不妊治療の領収書
(4) 夫婦の医療保険証(写し)
(5) 福井県特定不妊治療費助成承認決定通知書
(6) 印鑑
(7) 金融機関の通帳(申請者名義)

関連リンク

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

子育て世代包括支援センター
電話番号:0778-34-8821
ファックス番号:0778-34-0951

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ