現在の場所
トップ > くらし・手続き > ごみ・環境・動物 > ペット・動物 > 野鳥が死亡している場合の対応について

野鳥が死亡している場合の対応について

更新日:令和元年7月1日

ページID:P005705

印刷する

死亡している野鳥を見つけたとき

チャート

スズメやカラス、ハトが1羽のみ死亡している場合

死亡している場所によって処理すべき者が変わります。詳しくは、上記フローチャートをご確認ください。

スズメカラス、ハト以外の野鳥が死亡している場合や複数の野鳥が死亡している場合

高病原性鳥インフルエンザの可能性があるため、担当窓口までご連絡ください。詳しくは、上記フローチャートをご確認ください。

担当窓口

住民環境課

電話番号 07780-34-8708

福井県自然環境課

電話番号 0776-20-0306

福井県自然保護センター

電話番号 0779-67-1655

鳥インフルエンザについて

野鳥との接し方について

  • 野鳥などの野生動物は素手で触らないでください。やむを得ず触らなければならないときは、マスクとゴム手袋を装着してください。
  • 触れた後は必ずうがいと手洗いを行ってください。
  • 触れた後に、発熱や咳、呼吸困難など体調に異変が生じた場合は、かかりつけの医療機関に相談してください。
  • 野鳥などの野生動物の排泄物に触れた場合、その後にうがいと手洗いをしていただければ、過度に心配する必要はありません。

鳥インフルエンザウィルスは、野鳥観察などの通常の接し方では、人に感染しないといわれております。正しい情報に基づいた、冷静な行動をお願いします。

関連リンク

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウィンドウで表示します)が必要です。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

住民環境課
電話番号:0778-34-8708
ファックス番号:0778-34-1235

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ