現在の場所
トップ > くらし・手続き > 戸籍・住民票・印鑑登録など > 印鑑登録 > 印鑑登録のお手続き

印鑑登録のお手続き

更新日:令和元年5月1日

ページID:P005747

印刷する

印鑑登録(実印の登録)

越前町に住民登録があり、15歳以上で成年被後見人でない人は、1人1個(1印影)に限り登録することができます。

なお、同じ印鑑(印影)を2人以上の人が登録することはできません。

印鑑登録の手続き

印鑑登録の申請は、本人が登録する(実印にしたい)印鑑を窓口にご持参ください。

ただし、本人が病気などやむを得ない理由がある場合限り、代理人が手続きすることができます。この場合は、登録する本人の委任状が必要です。

住民基本台帳カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの人は、これらのカードに印鑑登録をしますのであわせてご持参ください。

本人が申請し、本人確認書類がある場合

本人確認書類がある場合は、印鑑登録証と印鑑登録証明書を即日交付することができます。

手続きに必要なもの

  • 印鑑登録申請書
  • 登録する印鑑
  • 申請者の本人確認書類
  • 住民基本台帳カード(お持ちの人のみ)

住民基本台帳カード

  • マイナンバーカード(個人番号カード)(お持ちの人のみ)

マイナンバーカード

本人確認書類は、次のものになります

  1. 運転免許証やマイナンバーカード、身体障害者手帳など、官公署が発行する顔写真付き身分証明書
  2. 保証書(1の書類がない人は保証人が必要事項を記入し、押印した保証書をご提出ください。なお、保証人は、越前町で印鑑登録をしている人に限ります。)

本人が申請するが、本人確認書類がない場合

本人確認書類がない場合は、印鑑登録証と印鑑登録証明書を即日交付することはできません。

住民環境課または住民サービス室から後日郵送する回答書と引換えに印鑑登録証、印鑑証明書の交付をすることができます。

1回目の手続きに必要なもの

  • 登録する印鑑

2回目の手続きに必要なもの

  • 照会書・回答書(1回目の手続き後に住民環境課または住民サービス室から郵送します)
  • 登録する印鑑

代理人が申請する場合

代理人が申請する場合は、印鑑登録証と印鑑登録証明書を即日交付することはできません。

住民環境課または住民サービス室から後日郵送する回答書と引換えに印鑑登録証、印鑑証明書の交付をすることができます。

1回目の手続きに必要なもの

2回目の手続きに必要なもの

  • 照会書・回答書(1回目の手続き後に住民環境課または住民サービス室から本人あてに郵送します。回答書欄は、本人が自署してください。)
  • 登録する印鑑
  • 代理人の本人確認書類
  • 代理人のみとめ印

登録できない印鑑

次のような印鑑は、登録できません。

  • 住民票に登録されている氏名と異なるもの
  • 職業や資格など、氏名以外の事項をあわせて表示してあるもの
  • ゴムなどでできた変形しやすいもの
  • 印影が1辺8ミリ未満のもの、または1辺25ミリ以上のもの
  • 町長が適当でないと認めるもの

手数料

印鑑登録証の発行手数料 1枚300円(住民基本台帳カードやマイナンバーカードをお持ちの人は無料)

届出が必要なとき

印鑑を登録する以外にも、次のようなときは届出が必要です。手続きの流れは、登録の時と同様です。

印鑑登録証明書の交付

印鑑登録証明書の交付については、「印鑑登録証明書の交付について」のページをご覧ください。

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウィンドウで表示します)が必要です。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

住民環境課
電話番号:0778-34-8708
ファックス番号:0778-34-1235

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ