現在の場所
トップ > 子ども・教育 > 学校・教育 > 教育 > 越前かがやき未来塾が開催されました

越前かがやき未来塾が開催されました

更新日:令和元年8月8日

ページID:P006135

印刷する

kagayaki1kagayaki2

令和元年7月31日(水曜日)、越前陶芸村文化交流会館で「越前かがやき未来塾」が開催されました。これは町の未来を担う子ども達の夢を広げるため、福井県にゆかりのある専門家や実践家を講師に招き、毎年町内の中学1・2年生を対象に講演会を行なっているものです。

今年は越前町出身の作曲家、石田公代(いしだ きみよ)さんに「自分の得意分野で生きる意味」という演題でご講演いただきました。

石田公代さんは、仕事をする意味について、「仕事の先にある、笑顔に会いたくてやっている。色々な苦労もあるが、それで報われることもある」と、福井しあわせ元気国体のダンスソングを作曲された際のエピソードを振り返りながら話されました。

また、「大人になると、学生時代には必要だとは思っていなかったことが実は役に立っていると気づく。だから今やるべきことを一生懸命頑張ってほしい」と生徒にエールを送りました。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

学校教育課
電話番号:0778-34-8716
ファックス番号:0778-34-2720

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ