現在の場所
トップ > 子ども・教育 > 学校・教育 > 教育 > 朝日中学校1年生が職場見学を行いました

朝日中学校1年生が職場見学を行いました

更新日:令和元年10月17日

ページID:P005327

印刷する

令和元年10月3日(木曜日)、校外学習の一環として朝日中学校の1年生が職場見学を行いました。

職場見学は、近隣の事業所を見学し、労働の意味や職場の環境を見聞きすることで、職場意識の向上を図り、将来の自分の能力や適性にあった職業選択の参考にすることを目的として実施されています。

行き先は以下のとおり、業種の違う事業所を各組2箇所づつ訪問しました。
1組:丹生郡森林組合    黒川クリーニング社鯖江支店
2組:田中忠株式会社    社会福祉法人光道園
3組:社会福祉法人海楽園  株式会社塚﨑修商店朝日工場
4組:株式会社スカイ    JA越前丹生膳野菜

生徒のみなさんは、普段見る事の出来ない世界にとても興味を持った様子でした。
生徒のみなさんの感想

・丹生郡森林組合
 林業の大切さや、林業の大変さ、奥深さが分かりました。そして、今の森林の現状が分かり、1つ1つ大切な仕事があり、数十年間かけて育てることの大変さが分かりました。一本の木でもいくつかの種類に分かれることが分かりました。

・黒川クリーニング社鯖江支店
 私はあまりクリーニングに出さないけど、ドライクリーニングなど、家ではできない様々な工程・材料があり、しわなく、お客様に喜んでもらいたいという思いでしていることが分かりました。また、機械だけに頼らず、残ってしまったしわなどは手作業のアイロンでかけ、しわ1つなくしていることが分かりました。夏場には42、43度まで上がり、スポットクーラーがないと生きていけないことが分かりました。

・田中忠株式会社
 いろいろな大きい機械があってすごいと思いました。少しでもゴミなどがあったら機械が止まってしまうことが分かりました。田中忠の人達は、とても大変で体力のいる仕事をされているなと思いました。ここで作ったものが、洋服になるなんてすごいなと思いました。とても貴重な経験でした。

・社会福祉法人光道園
 光道園では、いろいろな人が協力して成り立っていることが分かりました。最近は、ICTの時代で、介護が以前より楽になっていると聞きました。しかし、やっぱり人の手があってこそだと感じました。光道園の職員の方々のように、クラスや学年でも協力していろいろチャレンジしたいです。

・社会福祉法人海楽園
 海楽園では、お年寄りの方とのコミュニケーションの大切さを学ぶことができました。お話する時には、姿勢を低くし、前からゆっくりはっきりと話すことが大切だと思いました。また、ベッドの動きや、ベッドの下に敷いてあるマットの働きにも驚きました。かべに手すりが付いていたり、トイレをカーテンで仕切ったりしていて、お年寄りの方のことを1番に考えていると思いました。

・株式会社塚﨑修商店朝日工場
 1人だけでもがんばらない人がいたら、みんなが困ってしまうと改めて思いました。どんな機械でも大変なところは必ずあって、1つのミスだけで他の人達を巻きこんでしまうかもしれません。そういう事がないよう真剣にやっていることが伝わってきました。ぼくは、みんなに迷惑をかけないために、ミスをもっと減らしたいと思います。

・株式会社スカイ
 「スカイ」には初めて行ったので、何を作っている会社かも知らなかったけれど、社員の方に丁寧に教えていただいたので、機械について色々なことを知ることができました。部品はとても精度が高くて、金属の薄いものは破れやすいことが分かりました。別のメーカーから導入している機械もあり、企業同士で協力しているのだと思いました。

【丹生郡森林組合にて】    【真剣なまなざし】       【初めてのチェーンソー】
丹生郡森林組合にて   真剣なまなざし    チェーンソーを初めて持ってみた
【黒川クリーニングにて】   【ドライクリーニングとは】   【綺麗に仕上げ体験】
黒川クリーニングにて   ドライクリーニングとは?    綺麗に仕上げ

現場を目の当たりにし、工場内の様子、働く方々の姿を興味深々で見ていました。
今回の見学で『働くことに対する意識や職業に対する意識』が芽生えること、また、地元の産業にふれることで『地元に対する意識』が芽生えることを期待しています。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

就労支援室
電話番号:0778-34-8705
ファックス番号:0778-34-1236

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ