現在の場所
トップ > 子ども・教育 > 妊娠・出産 > 健診・予防接種 > 麻しんの予防接種を受けていない人には、予防接種をお勧めします。

麻しんの予防接種を受けていない人には、予防接種をお勧めします。

更新日:平成30年5月7日

ページID:P005571

印刷する

沖縄県では、麻しんの流行が大きな問題となっています。

麻しん(はしか)とは、麻しんウイルスの空気感染によって起こる病気で、手洗い、マスクのみで予防することはできません。予防接種を受けないでいると、多くの人がかかり流行すると言われています。麻しん(はしか)は、感染力がとても強く発熱、せき、鼻汁、目やに、発疹を主な症状とします。主な合併症としては、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎があり、死亡する割合も1000人に1人と言われています。

麻しんの最も有効な予防法は、予防接種です。現在、麻しんの予防接種をしていない人は、ぜひ予防接種を受けることをお勧めします。

詳細は福井県のホームページ「麻しん(はしか)、風しん(三日はしか)にご注意ください」((新しいウィンドウで表示します)をご参照ください。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

子育て世代包括支援センター
電話番号:0778-34-8821
ファックス番号:0778-34-0951

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ