現在の場所
トップ > 町政・町の紹介 > 町長の部屋 > 日記 > 『越前町×新ご当地グルメ』開発試食会

『越前町×新ご当地グルメ』開発試食会

更新日:令和2年3月4日

ページID:P006353

印刷する

集合写真

経過説明
フナモリ
(舟盛を軸にメニュー開発)

内容 『越前町×新ご当地グルメ』開発試食会
日時 令和2年2月25日(火曜日)
場所 町越前コミュニティセンター 
 「越前がに」が禁漁に入る春から秋にかけて、越前町では多くの魚が水揚げされます。そこに、スポットライトを当て、季節ごとに堪能できる魚を売り込み、通年型の観光誘客を図ろうと、「Sea to Table」プロジェクトが始動いたしました。
  

ひつまぶし
(海鮮ひつまぶし)
アヒージョ
(海鮮アヒージョ)

「懐かしいは、新しい フナモリ」をコンセプトに、まず舟盛の新鮮な刺身を味わってから、ひつまぶしや炭火焼き、アヒージョ等好みの調理体験ができる、美味しい体験コンテンツに、町内の旅館等6事業所が取り組みました。
 私は、町民の方々と共に試食会に出席し、体験の流れや面白さ、価格や料理の見た目等、アンケートに協力いたしました。
 皆さんからいただいた貴重なご意見を基に改良を加え、新メニューは5月にお披露目となります。
 越前町が舟盛体験の聖地になるよう、事業所の方々の今後の取り組みに、期待を寄せております。
  えちぜん1 えちぜん2 えちぜん3
  「海の幸食処えちぜん」は、一人サイズのかわいらしい舟盛を提供、おひつに入ったご飯でオリジナルの海鮮ひつまぶし作りができる体験を準備されました。今回は天然の真鯛とノドグロの出し汁でしたが、季節の魚介類で出し汁がアレンジされるため、今後が楽しみな体験です。
  甚平1 甚平2 甚平3
 「甚平旅館」は、魚の姿づくり一匹付きの魅せる舟盛で、味噌仕立の鍋でオリジナル海鮮鍋が準備されておりましたが、私は、香ばしい香りに食欲がそそられ陶板焼き体験を選びました。
  うらしま1 うらしま2 うらしま3
「旅館うらしま」は、昭和レトロな旅館で、豪快に舟盛を宝船に見立てて提供されました。手巻き寿司以外に、海鮮アヒージョや海鮮ペペロンチーノに味変(あじへん)する体験が準備され、若い方がパーティ感覚で魚を楽しめる工夫がされていました。
  うおたけ1 うおたけ2 うおたけ3
「越前の宿うおたけ」は、仲買人もしている女将ならではの越前産の魚が豊富な舟盛で、にぎら寿司や手巻き寿司、しゃぶしゃぶ、せいろ蒸しなど様々な味わい方が体験できます。今日は、Myお寿司作り体験が準備されていたので、私は初めて「にぎら寿司」作りにチャレンジしてみました。
  丸太屋1 丸太屋2 丸太屋3
「えちぜん丸太屋」は、新鮮な魚で作ったこだわりの干物を盛り付けた、オリジナル感あふれる舟盛が提供されました。自分で出来る炭火焼体験が屋外に準備され、焼いた途端に脂が染み出すほくほくの魚を味わいながら、すばらしい海景色が眺められるロケーションは最高でした。 

けいしん
(民宿けいしん)

「民宿けいしん」は、当日日程調整がつかず紹介のみとなりましたが、「思いでいっぱいのミニ海鮮丼作り体験」が準備される予定でした。
「Sea to Table」プロジェクトにご協力いただける事業所を、これからも募集していきますので、町内の旅館、店舗の皆さまのご理解ご協力をお願いいたします。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

町長公室
電話番号:0778-34-8728
ファックス番号:0778-34-1236

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ