現在の場所
トップ > 町政・町の紹介 > 町長の部屋 > 日記 > ドラフト会議広島6位指名!玉村投手が表敬訪問

ドラフト会議広島6位指名!玉村投手が表敬訪問

更新日:令和元年11月7日

ページID:P006230

印刷する

記念撮影

サイン2
サイン1
(サインする玉村投手)

内容 県立丹生高等学校野球部 春木監督・
   玉村投手表敬訪問
日時 令和元年11月1日(金曜日)午後3時
場所 越前町役場 応接室
 先日、プロ野球のドラフト会議が行われ、丹生高校の玉村昇悟投手(江波区)が、広島東洋カープから6位指名を受けたということで、同高校野球部の春木竜一監督とともに、役場を訪ねてくださり報告をいただきました。
 今夏の全国高等学校野球選手権福井大会決勝戦で、私や観衆がスタンドから試合の行方を見守る中、「丹生高ナインが、私たち町民を甲子園に連れていってくれるのではないか」という、夢と希望を与えてくれたことは記憶に新しく、また、玉村投手はこの大会で、通算52奪三振の新記録を樹立し、プロ野球や大学、社会人野球からも注目されておりました。 

春木監督
談話1

 春木監督は、「ドラフト会議当日、とても重苦しい雰囲気で待機する中、玉村投手の指名を受け、ほっとして肩の力が抜けた。」と正直な気持ちを話され、安堵の表情を浮かべておられました。
 また、玉村投手は、「夏の大会は勝つごとに応援の方々が増えていき嬉しかった。チームのみんなや越前町の皆さんと一緒に甲子園に行きたかった。甲子園までは遠かったが、とても熱くて長い夏を体験させてもらって、越前町の皆さんに感謝しています。」と爽やかな笑顔で大会を回顧されました。
 私は、「地元の友達とともに、高校球児にとって最大の夢、甲子園を目指し、その選手がプロにいく、こんなすばらしことはない。おめでとう。」と激励しました。
 激励1 激励2 激励3
 玉村投手は、これから伸びしろのある選手だと思っているので、厳しいプロの世界ではありますが、素直な気持ちで練習に励み、期待に応えられるよう頑張って欲しいと思います。
 町民、そして県民あげて一生懸命応援していることを、忘れないでください。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

町長公室
電話番号:0778-34-8728
ファックス番号:0778-34-1236

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ