現在の場所
トップ > 町政・町の紹介 > 町長の部屋 > 日記 > 丹生高校男子ホッケー部・町内ホッケースポーツ少年団入賞報告会

丹生高校男子ホッケー部・町内ホッケースポーツ少年団入賞報告会

更新日:令和元年8月16日

ページID:P006144

印刷する

スポーツ少年団

挨拶

内容 第82回全国高等学校ホッケー選手権大会
   第41回全国スポーツ少年団ホッケー交流大会 入賞報告会
日時 令和元年8月9日(金曜日)
場所 越前町生涯学習センター 会議室


 今夏のそれぞれの全国大会において、丹生高校男子ホッケー部や町内ホッケースポーツ少年団が次々と好成績を収められ、自信に満ち溢れた報告会となりました。
 報告会では、各チームの主将が大会を回顧し、喜びと感謝の気持ちを笑顔で話してくれました。
 私は、「皆さんが厳しい練習に耐え、強豪相手にしっかりその成果を発揮して、栄冠を勝ち取ることができたこと、大変嬉しく誇りに思います。」とその活躍をたたえました。
 越前町は、小学校から社会人までホッケーの選手層がどこよりも厚い町だと自負しています。福井国体で良い成績を残していることや皆さんの活躍が起爆剤となり、丹生高校野球部の活躍もあいまって、他の競技の選手も後に続けとばかりに、ますますスポーツへの機運も高まっているように思います。
 今後も、皆さんが更なる目標に向けて活躍され、町民の皆さんに元気と活力を与えてくれることを期待いたします。

丹生高校1
丹生高校2

丹生高校男子ホッケー部
第82回全国高等学校ホッケー選手権大会
優勝(5年ぶり4回目の全国制覇)
 主将の髙松雄飛さんは、「インターハイは一つひとつが厳しい対戦となったが、勝ちきることができました。」と大会を振り返るとともに、報告会開催への、お礼の言葉もいただきました。

糸生・常磐
(戸田大貴 主将)

糸生常磐ホッケースポーツ少年団(男子)
第41回全国スポーツ少年団ホッケー交流大会
優勝(合同チームとなってから初)
 主将の戸田大貴さんは、「予選リーグは立ち上がりが悪くて思うように試合ができなかったけれど、予選を通過してからは一戦一戦しっかりと試合ができました。決勝は、残り20秒で優勝ゴールを仲間が決めてくれた。」と嬉しそうに話してくれました。 

エチゼンホームズ
(谷口遥紀 主将)

エチゼンホームズホッケースポーツ少年団(女子)
第41回全国スポーツ少年団ホッケー交流大会
準優勝 
 主将の谷口遥紀さんは、「準優勝は悔しかったが、最後まで全力で戦えて良かった。普段話すことがない全国レベルの選手と話ができて良い経験となった。」と交流を通して刺激を受けた喜びを話してくれました。


※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

町長公室
電話番号:0778-34-8728
ファックス番号:0778-34-1236

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ