現在の場所
トップ > 町政・町の紹介 > 町長の部屋 > 私のことば > 複合災害を想定した町総合防災訓練

複合災害を想定した町総合防災訓練

更新日:平成30年10月19日

ページID:P005754

印刷する

メイン
内容 平成30年度 町総合防災訓練
日時 平成30年10月14日(日曜日)
場所 越前町全地区(主会場:宮崎地区 越前陶芸村駐車場)
対策本部 挨拶 整列
10月14日(日曜日)、越前陶芸村駐車場(宮崎地区)をメイン会場として、大雨と地震を想定した町総合防災訓練を実施しました。

丹生高校生1
(災害ボランティアセンター)

 地区住民や地元消防団員の他、鯖江・丹生消防組合、町赤十字奉仕団、町社協、町民生委員、織田病院の医師、町職員など約700人が参加し、災害時の応急手当や初期消火、応急担架や土のう作成など実践的訓練を行いました。
 また、今回初めて丹生高等学校の生徒さん方が、災害ボランティアセンターの設置・運営訓練に参加してくれました。

 防災訓練に参加された地区住民の方は、応急手当など体験訓練で分からないところを、地区消防団員に確認するなど積極的に訓練に取り組まれており、その姿に地域防災への関心の高さを感じました。私も、すべての体験訓練に参加し、地域の消防団や各種団体、住民の方々が一体となって地域防災力を強化していくことの大切さを痛感いたしました。

 三角巾や包帯等を用いた負傷者の応急手当訓練
 応急1 応急2 応急3

 水消火器による初期消火訓練
 消火1 消火2 消火3

 毛布やビニールひも、物干しざおを使った応急担架作成訓練
 担架2   担架1 担架3

  テープ1 テープ2

 土のう作成訓練

 土のう1 土のう2 土のう3

 AEDや心臓マッサージによる心肺蘇生法訓練

 AED1 AED2 AED3

 倒壊建物、事故車両から負傷者を救出、医師によるトリアージ後、負傷者を現場救護所へ搬送
 重傷者を救急車および福井県防災ヘリにより緊急搬送する救急救助連携訓練

 救急救助1 救急救助2 救急救助3

 救急救助4 救急救助5 救急救助6

 救急救助7 救急救助8 救急救助9

 消防団および女性消防隊が一斉放水を実施する火災防御訓練
 消防隊1 消防隊2 消防隊3
  町民の皆さまにおかれましては、早朝からの防災訓練に、ご参加いただきありがとうございました。
 これからも、「自分の生命と財産は、自分で守る」という心構えで、家族ぐるみ、地域ぐるみで、防災力の更なる向上に取組んでいただきたいと思います。
 町の総合防災訓練を通して、住民の一人ひとりが防災意識の高揚を図り、これを契機として家庭内で避難経路や防災グッズの確認をする等、災害に備えて話し合っていただける機会となれば幸いです。
  「天災は忘れた頃にやってくる」という戒めの言葉がありますが、近年、東日本・熊本大分・大阪北部・北海道胆振東部地震と、忘れる間もなく次々と地震が発生しており、過去に経験したことのない大規模な被害が多発、防災や減災、避難に対するニーズが多様化しています。
 今後は、大規模災害の時でも、迅速かつ的確に災害対応ができる職員の育成に努めるとともに、町民の安全と安心を最優先に、災害対策にあたりたいと考えていますので、町民の皆さまのご理解ご協力をお願いいたします。 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

町長公室
電話番号:0778-34-8728
ファックス番号:0778-34-1236

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ